【競馬】コース未経験の前走1着馬とコース経験はあるが前走で負けている馬。2歳戦で買うべきはどっち?

どうも、こう見えて長距離ドライブが好きなノブです。

この記事では、『コース経験の有無の差』について書いてみました。ご参考になれば幸いです。

初コースと走り慣れたコース

あなたは車の運転は好きですか?

僕は割と好きで、昔はよく北海道内あちこちドライブに行ったものです。

その際、やはり初めて行くところは、どこにどんな店があるのかを気にしたり、周りの景色も楽しみながら、また、どこかに潜んでいるかもしれないネズミ捕り(速度取り締まり)にも警戒しつつ、比較的ゆっくり走ります。

もちろん普段から安全運転を心掛けています。(一応ゴールド免許です)

あなたも車を運転するとして、全く走ったことの無い初めて通る道路と、一度でも走ったことのある道路どちらが不安なくスムーズにスピードを出せるかと訊かれたら、当然後者と答えるはずです。

なぜなら、一度でも走ったことがあれば、その道路の景色や状況とともに、その道路のどこにどんなリスクが潜むか等、ある程度情報としてインプットされるからです。

そして、それは馬にも同じことが言えます。

初コースで不安になる馬、ならない馬

人間に限らず、馬であってもやはり初めて走る道(コース)はそれなりに不安もあるし、ある程度の警戒もするはずです。

とは言え、もちろん個体差があります。

全ての馬が初めて走るコースではバリバリに警戒する、ということではありません。初めてのコースであっても思い切って走れる馬もいるわけです。

その違いを見極めて、それを競馬予想に活かそうということです。

では、初コースで不安になる馬とならない馬は、どうやって見極めるのか。それは、改めて人間に置き換えて考えてみます。すると、2つのポイントが浮かび上がってきます。

①初心者

人間でも、ある程度運転になれてきたドライバーであれば、初めての道路であっても警戒心はそこまで大きくないはずです。それは、これまでの運転歴を基にある程度の推測が可能になってくるからで、運転歴の浅い初心者程、初めての道路は慎重に走るはずです。

②適応能力

たとえ初心者であっても、その環境や状況への適応能力の高さによって、慎重度合いに差が出てくると考えられます。馬でも人間でも、臨機応変な対応が苦手な人ほど慎重にならざるを得ない、ということです。

さて、これらを踏まえて競馬の予想を考えていきます。

予想にどう活かす?

さて、ここまでを踏まえると、この考え方を予想に活かすとしたら、2~3歳の若駒のレースであることは想像できるかと思います。

ある程度、レースに慣れてきたベテランであれば、それなりの適応能力も身についてきて初コースであってもそこまで警戒心は大きくないはずなので、古馬になってからの初コースに関しては、ほとんど向き不向き(左右の巧拙やコース形態等)に左右されると思っていいでしょう。

若駒であれば、やはりまだまだレース初心者と言える段階のため、初コースはそれなりに警戒する仔が多いと考えられます。その中でコース経験というのはやはりアドバンテージになりますし、それにプラスして馬柱から適応力の高さを見抜くことで、2~3歳の若駒のレースの的中率を恐ろしいまでに引き上げることが可能になります。

また、それが意外に人気の盲点になっていることも多いため、思いがけない高配当を的中させることも出てくるのです。

僕の馬券理論では、こういったポイントも踏まえた、人気薄で好走する穴馬の法則をまとめた『穴馬が激走する20の法則』というのがあります。

それにより、その法則さえ知れば、誰でも超簡単に出馬表から好走しそうな穴馬を探し当てることができるのです。

もし、あなたが今、

あなた

回収率70%くらいしかねぇよ…馬券買うたびにどんどんマイナスが膨らんでいってるし、そろそろデカイの当てないとなぁ。なんか穴馬を見抜くいい方法はないものか

と思っているならば、ぜひ下記の記事もご覧ください。僕の馬券理論について、もう少し詳しく書かせていただいています。

また、もしこの記事に関する感想などもあれば、そちらもぜひコメント欄で教えてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です