【競馬】芝を試して惨敗した馬が、ダート戻りで激走するのは本当か

どうも、ファミレスなどでたまに他のメニューを試してみるも、結局いつものメニューになってしまう男、ノブです。

いろいろ気になるものの、結局「やっぱりコッチがいい」となってしまう人は多いのではないでしょうか。

なんだかんだ言って「いつもの」

あなたも、何かしら

あなた

なんだかんだ言って、結局これなんだよな~

ということって、ありませんか?

僕はファミレスや飲食店などへ行くとだいたい毎回同じものを頼みます。たま~に別のものを注文することもあるのですが、結局また「いつもの」に戻ってしまいます。

先日も『かつや』へ行ったのですが、しばらくメニューを眺めてみたものの、結局いつもの「カツ丼(竹)」に落ち着きました。

また、「いつもの」にマンネリ(?)してしまい、別のものを試してみたことによって、さらに「いつもの」の良さに気付かされる…なんてこともあります。

元彼の良さに気付いたオンナ

典型的な例はコレではないでしょうか。

長く付き合っていた彼氏にマンネリしていたところ、些細なケンカがきっかけとなり破局。しかし、他の男と付き合うも、どうしても元彼と比較してしまい、そんなことが続いているうちに改めて元彼の良さに気付き、結局元鞘に戻る。

よくある話ではないでしょうか。

あなた

そんな色恋話に興味ねぇんだわ。競馬はどこ行った?

と言われそうですが、これが実は競馬の予想にも大いに関係があるのです。

やっぱりコッチがいい!

僕の馬券理論の一つに、この「やっぱりコッチがいい」という法則があります。

例えば、ずっとダートを使ってきた馬がイマイチ成績が上がらなくなり、芝を試したところ、あえなく惨敗。その後ダートに戻したら好走した、というパターンです。

もちろんダート戦では前走で芝を使った馬をとにかく買え、という話ではありません。具体例や詳細についてはここでは割愛しますが、これは上記のように

ダート好きな馬

ダートにちょっとマンネリしてたけど、試しに芝を走ってみたら、めっちゃダートの走りやすさに気付いてしまったの…

ということなのではないでしょうか。

一定の条件はあるものの、実際に多くの事例があり、中にはとんでもない万馬券になった例もあります。

この法則は絶対に知らないと損をする法則の一つと言っても過言ではないでしょう。

僕の馬券理論では、この法則も含めた、人気薄で好走する穴馬の法則をまとめた『穴馬が激走する20の法則』というのがあり、その法則さえ知れば、誰でも超簡単に出馬表から穴馬を探し当てることができます。

もし、あなたが今、

あなた

回収率70%くらいしかねぇよ…馬券買うたびにどんどんマイナスが膨らんでいってるし、そろそろデカイの当てないとなぁ。なんか穴馬を見抜くいい方法はないものか

と思っているならば、ぜひ下記の記事もご覧ください。僕の馬券理論について、もう少し詳しく書かせていただいています。

また、もしこの記事に関する感想などもあれば、そちらもぜひコメント欄で教えてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です