知らないと損する、競馬で勝ちたければ三連単を買わないほうが良い理由

競馬川柳
「趣味だけど どうせやるやら 勝ちたいな」
どうも、ノブです。

この記事では、馬券で勝つために必要な考え方の一つを、論理的に解説していこうと思います。

”勝つ”とは

まず、競馬において予想する側が”勝つ”というのがどういうことなのかというと、僕の馬券理論では

回収率(年間)が100%を超える事

と定義しています。つまり、『勝つ=負けないこと』

実際、競馬において年間の収支がプラスになる人はせいぜい5%程度と言われています。もし今あなたの収支がマイナスであったとしても、それは珍しいことでも何でもなく、寧ろ普通なのです。

それでも、やはりどうせ馬券を買うなら当てたいし、少しでも儲けたいと思うのもまた至極当たり前のことですから、年間収支がプラス、つまり年間回収率100%超を”勝ち”とし、勝ちを手にした少数派を『勝ち組』としたわけです。

勝つための方法を考える

さて、勝手ながらまず『勝つため』の目標を設定しました。

まずは回収率200%を目指しましょう

もちろん、目指したところでそう簡単に達成できるものでもないのですが、まずはそこを目指さなければ、120%や150%というような結果を残すことはできません。

競馬予想に限った事ではなく、目標はある程度高めに設定したほうが結果的に成果を得られるというのは、どんな分野でも同じです。

さて、それを踏まえて回収率200%目指すためには…

①的中率を上げる
②回収率を上げる(できるだけ高い払い戻しを得る)
③買うレースを絞る

この3点が重要になってくるわけです。しかし、基本的に①と②は矛盾します。

的中率を上げようと思うと高額の払い戻しは期待しにくいですし、高額払い戻しばかりを追うと的中率は恐ろしく下がります。

ですから、的中率と回収率のバランスが大切になってくるわけで、すると必然的にバランスが悪い馬券は買わないほうが良い、となります。

とりあえず三連単はやめておけ

WIN5を除けば、最もバランスの悪い馬券No.1は、なんと言っても三連単

まず何と言っても点数が多くなる。そしてその割に低い的中率。もちろん当たった時の配当は期待できるものの、それでもせいぜい数万円、10万円もいけばかなりラッキーではないでしょうか。

それ以上の高配当を当てるには、それなりに人気薄の馬も組み込んでいかねばならず、必然的に買い目が増えていってしまいます。

目数を少なくするならフォーメーションでしょうけれども、やはり的中率はかなり下がると言わざるを得ません。

例えば、仮に単勝1.5倍を切るような断然人気の馬を頭に据えてフォーメーションを組んだとして、それとてその人気馬が勝つ確率はせいぜい60%くらいですし、2or3着どちらか抜けたらアウト。そもそもそんな人気馬が頭では、当たったとしてもよほどの人気薄が相手に来ない限り高配当は期待できません。

また、ボックスだと多少的中率は上げられるものの、目数がとんでもないことになります。要するに、

的中率の低さに加えてリスクが高すぎる

という事です。

何年も前に、テレビで

某女性タレント

三連単、5頭ボックスでだいたい当たる~

などと言っていた(しかもそこそこ当てていた)某女性タレントがいましたが、これは買うレースを比較的人気薄の台頭が少ないG1レースに絞っていたからで、GⅠ以外のレースも普通に購入する我々としては、到底マネする気にはなれません。

ちなみに、毎回三連単5頭ボックス(60点)を買い、仮に10回に1回当たるとしたら、当たった時の配当が6万円で収支がトントンになります。

とは言え、いくら三連単とはいえ5頭ボックスで6万円の馬券を当てるのは簡単ではありません。その理由は、当てにいこうと思うと、どうしても買い目が人気上位の馬ばかりになりがちだからです。

もちろんどんな馬券でもハズレるときはハズレるのですが、買い目が多くなる分ハイリスク、その割にリスクに見合ったリターンが期待できるかと言えば意外に難しい。それが三連単。※なお、三連単は他の券種に比べて控除率(JRAの取り分)が高い(27.5%)というのも特徴です。

低い的中率と高いリスクに耐えうるだけの莫大な予算があれば別ですが、そうでなければ厳しいと言わざるを得ません。

以上が三連単をオススメしない理由となります。

三連複もやめたほうがいい

三連複は三連単に比べれば、1/6程度の目数で購入できるので比較的リスクは高くありません。

5頭ボックスなら10点ですから、馬連やワイドと目数は変わらない(6頭以上だと三連複のほうが多くなる)のですが、やはり的中率は全然違います。

仮に、10頭立てのレースで三連複馬連ワイドをそれぞれ5頭ボックスで買った場合の的中率を人気や馬の実力を度外視して単純計算した場合、

三連複…8.3%(720通り中60通り)
馬連…22.2%(720通り中160通り)
ワイド…58.3%(720通り中420通り※うち60通りがトリプル)

となります。

10頭立ての半分をボックスで買ってこの数字です。当然、頭数が増えればさらに数字は下がるわけで、馬連でさえもこの数字ですから三連複がいかに難しいかわかると思います。

しかも、これで三連複の配当が相応に高ければまだいいのですが、ヘタすると1番人気が3着だった場合など馬連のほうが配当が高い、なんてことも少なくありません。

数字だけ見ても、やはりワイドが一番効率よく的中率を上げることができます。が、やはりそれなりの人気薄が絡むかトリプル的中でなければ、なかなか高配当は期待できません。

ですので、理想はやはり馬連で的中率を上げるという事になるのですが、その辺りは実際に予想してみて、人気薄の穴馬が複数狙えそうなレースなどでは、的中率を重視してワイドで買うのも全然アリだと思います。

いずれにしても、一発狙いたいのであればもちろん買うのは自由ですが、コンスタントに勝ちたいのであれば三連単、三連複はあまりオススメしません。

勝ってる人は三連系は買わない

ちなみに、馬券を買っている人たちの内、プラス収支はせいぜい5%程度だとお伝えしましたが、とくに概ね毎年コンスタントにプラス収支にもっていく人たちの多くは基本的に三連単、三連複は買いません

なぜなら、彼らは何十万何百万の馬券を狙うよりも、配当は低めでも的中率を重視しコツコツ当てていくほうが長期的かつ継続的にプラスにもっていけることを知っているからです。

もちろん、三連単のデカい馬券を当ててプラスになっている人もいるでしょうけれども、そんな人は極めて少数派ですし、そもそもそれを継続することは不可能でしょう。

ですから、勝っている人の多くは、とくに単複やワイド、もしくは馬連をメインで買っているのが現実です。あなたも勝ちたければぜひマネしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

とりあえず、

勝ちたいなら三連系を買うのはやめておけ

という話なのですが、もちろん資金に余裕があって楽しむ分には問題ありませんし、どんな馬券を買おうが個人の自由です。

あくまでも本気で勝ちたいのなら止めておけという、アドバイス的なものだと思っていただけたら良いと思います。

なお、毎週『ロト気分』を味わいたい人以外は、WIN5もやめたほうが良いです。

ちなみに、僕が馬連やワイドをお勧めする理由についてはコチラの記事でもご紹介していますので、よろしければコチラも併せてご覧ください。

なお、単複については下の記事をご参照ください。

さて、僕の馬券理論では、馬券収支をプラスにするために、基本的に馬連やワイドで買うことをおススメしているわけですが、そうなると当然、ある程度の高配当を狙うために穴馬を買い目に入れていく必要があります。

そのために『穴馬が激走する20の法則』というのを提唱しており、そこには「そんなパターンがあったのか」と目から鱗が落ちるような、これまで誰も提唱してこなかった、それでいて汎用性と再現性の高い、穴馬が激走する法則をこれでもかと詰め込んでいます。

そして、その法則さえ知れば誰でも超簡単に出馬表から好走しそうな穴馬を見つけられるようになります。

もし、あなたが今、

あなた

回収率70%くらいしかねぇよ…馬券買うたびにどんどんマイナスが膨らんでいってるし、そろそろデカイの当てないとなぁ。なんか穴馬を見抜くいい方法はないものか

と思っているならば、ぜひ下記の記事もご覧ください。僕の馬券理論について、もう少し詳しく書かせていただいています。

また、もしこの記事に関する感想などもあれば、コメントいただけると嬉しいです♪

なお、ノブのメルマガでは、この週末からすぐにでも結果を出せる『競馬で勝ち続けるための具体的な方法』をお届けしています。

興味があれば是非登録してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です