【競馬】騎手の腕の差って何?上手い騎手はココが違う!

乗馬をやってみたいと思っているうちにすっかり体重が増えてしまい、馬に申し訳なくて断念しました。どうも、ノブです。

この記事では、騎手による技術の差や、得意な戦法はあるのか?などについて書いてみました。

騎手の”技術の差”とは

鞍上。これも当然にレースを予想する上で欠かせない要素の一つです。

ですので、ここでは騎手について書いてみようと思います。

騎手によって得意な戦法はあるのか

ダビスタなど競馬ゲームの経験があるならばご存じかと思いますが、ゲームなどではよく騎手によって得意な戦法が設定されていたりします。

逃げを得意とする騎手、先行抜け出しを得意とする騎手、中団からの差しを得意とする騎手、後方からの追い込みを得意とする騎手、あるいはどこからでもOKの自在騎手。だいたいこの5つのタイプに分かれています。

もちろん、あくまでもゲーム上の設定なのですが、現実の競馬でもこのように騎手によって得意な戦法みたいなものがあるのであれば、それも予想に活かせそうですが…実際のところはどうなのでしょうか。

逃げの中舘

ちょっと古いファンならば「逃げの中舘」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

中舘英二現調教師が現役騎手の頃に呼ばれていた愛称で、彼が逃げを得意としていたということから、そう呼ばれていました。

ちなみにこれは、彼が現役時代に主戦を務めていたツインターボという馬の存在が大きかったと思われます。

参考レース:1993年 オールカマー(GⅡ)の映像がコチラ】

とはいえ、たしかに中舘元騎手が逃げた時のペース配分は絶妙ではありましたが、そこまで際立って逃げが得意なのか、というと実際にはそんな事はないでしょう。個人的な評価で言えば、際立って上手いわけではなく、時として思い切った騎乗をする騎手という印象でした。

それまで差す競馬で圧倒的な強さを誇ってきた女傑ヒシアマゾンで、突然逃げの手に出る、なんてこともありました。(引っかかっていたのかもしれませんが…ちなみに1番人気で5着敗退)

ですので、別段『逃げが得意』というわけではなく、

思い切った騎乗が時々ハマる

というのが当時の僕の結論でした。こう言ってしまうと身も蓋もないのですが、要するに中舘元騎手は際立って逃げが得意な騎手というわけではなかったということです。

みんなが好きな戦法

とりあえず引退した騎手についてはこの辺にしておくとして、ここからは現役騎手について書いてみます。

実は、現役の騎手全員が間違いなく好きだと断言できる戦法があります。それは、

先行抜け出し

なぜなら、一番シンプルだから。

と言っても、もちろん馬の能力がある程度備わっているのが前提なのですが、あえて馬の能力を度外視して考えた場合、先行抜け出しが最も4コーナーを回るのが簡単なのです。

どういうことかと言うと、基本的に先行抜け出しの場合、4コーナーで考えることは一つ

逃げ馬をどのタイミングで捕らえて先頭に立つか

だけです。あとは押し切れるかどうかだけ。
前に壁ができるリスクもほぼありませんし、実にシンプルですよね。

なお、前に馬がいない分、自らペース配分を考える必要はありますが、揉まれるリスクがないという点で逃げ馬もほぼ同様です。

では、差し、追込み馬はどうなのか。

・ペースを読んでの仕掛けどころ
・周りの馬との駆け引き
・4コーナーでのコース取り
etc…

このような様々なことを考えながら騎乗し、また瞬時に判断しなければなりません。

これだけ見ても、先行馬の方が乗る方としてはレースがしやすいということがお分かりいただけると思います。

そのため、すべての騎手に言えることですが、差し・追い込み脚質の馬に乗った時よりも、逃げ・先行脚質の馬に乗った時のほうが、明らかに勝率・連対率・複勝率の全てにおいて高いのです。

要するに、馬の気性や能力は別にして、先行しての競馬ならすべての騎手が問題なくこなせるということになります。そこに騎手としての能力差はほとんど関係ないと言っていいでしょう(あっても筋力や体力の差)。

だから馬の能力さえ高ければ、新人の女性騎手であろうが普通に重賞を勝てるのです。

騎手の能力はどこで決まるのか

では、騎手の能力はどこで差が出るのか。もちろん筋力体力も重要ですが、一番差が出るのは

差し、追込み馬に乗ったときの能力

ではないでしょうか。

具体的には、その能力がないと周りの馬との駆け引きができず行きたいポジションに先に入られたり、外に出すタイミングを外して蓋をされたり、4コーナーで行き場を失って前が詰まったり…ということが多くなってきます。つまり、差し、追込み馬に乗るときには

・周りの馬の動きと流れを先読みする能力
・馬の実力とペースを踏まえた仕掛けどころの判断能力
・4コーナーで前が空きそうなスペースを瞬時に判断できる能力
など

が求められるわけです。センスと言ってもいいでしょう。ここが騎手によって大きく差が出るところです。

上手い騎手は誰?

僕は脚質ごとのデータから、それぞれの騎手の『差し追い込み能力』を数値化しています。

簡単に言えば、逃げ・先行馬に乗った時の成績と、差し・追い込み馬に乗った時の成績の差を比較して数値化したものなのですが、このポイントが高いほど先行と差しの成績差が少なく、差し・追い込み馬に乗った時にも安定して結果が出せているということになります。

なお、ベスト5は以下の通り。

最も高いのは川田将雅。さすがリーディングジョッキー、やはり若い頃の海外修業はダテではなかったという事でしょうか。

順位騎手名ポイント
1川田 将雅53
2横山 典弘45
3菅原 明良36
4C.ルメール31
5坂井 瑠星30

やはり大ベテラン横山典弘は数値が高いですね。その他にC.ルメールの数値が高いのは予想できますが、菅原明良がなんとルメールを上回る第3位に。また、川田と同じく海外修行の経験がある坂井瑠星も数値が高く、差し追い込み馬でもしっかり結果を出せていると言えるでしょう。

ちなみに、第6位には関東の雄、田辺裕信がランクインしました。

ちなみに、ちょっと強引なイメージもあるM.デムーロや、ドリームジャーニーやデュランダルを見てわかる通り、やや大外一気に頼りがちな池添謙一ですが、彼らもけっして数値は低くありません。

なお、近年ブレイクしてきている横山和生武史兄弟は、正直まだまだ差しは上手いとは言えません。また戸崎圭太福永祐一なども人気馬に乗る機会が多いということもあるのですが、人気の差し馬に乗って不発で終わるパターンが実は結構多いのです。

コースの得意不得意

また、騎手によって得意とするコースもあるようです。

当然と言えば当然なのですが、やはり乗り慣れているコースのほうが得意なのは間違いないでしょう。ただ、リーディング上位の一部の騎手を除けば、関東の騎手が関西圏へ、あるいは関西の騎手が関東圏への遠征については、それほど多くありません。

ですから、

関東所属の騎手は関東が得意、関西所属の騎手は関西が得意

というのは言えると思います。

一般的な騎手は、自分のお手馬が重賞に出走するなどの理由が無ければ頻繁に遠征することは基本的にありませんが、お手馬が多く、比較的遠征も頻回なリーディング上位の騎手を参考にすると、その傾向が浮かび上がります。

実際、栗東所属ながらよく関東へ遠征する川田将雅を見ると、やはり関西圏の競馬場に比べて中山や東京での信頼度は多少下がる傾向にあります。また、同様にC.ルメールも東京や中山に比べると、関西圏でのレースはやや信頼度が下がる傾向にあるのがわかります。

川田将雅
※京都競馬場改修のため中京を関西圏として掲載

競馬場成績勝率連対率複勝率
東京10-18-12-15-7-2112.0%33.7%48.1%
中山7-1-3-4-2-1224.1%27.5%37.9%
阪神43-34-36-13-10-4423.8%42.7%62.7%
中京45-21-17-21-9-3131.2%45.8%57.6%
※http://xweb.in.arena.ne.jp/より引用

C.ルメール
※京都競馬場改修のため中京を関西圏として掲載

競馬場成績勝率連対率複勝率
東京69-51-39-23-9-10423.3%40.6%53.8%
中山24-17-13-11-11-3521.6%36.9%48.6%
阪神10-12-9-5-6-3612.8%28.2%39.7%
中京11-6-5-2-9-2518.9%29.3%37.9%
※http://xweb.in.arena.ne.jp/より引用

こういったデータも頭に入れながら予想をすることで、さらに予想の精度を上げることができるでしょう。

まとめ

レースにおいては馬の能力だけではなく、騎手の能力も結果に大きく作用することは言うまでもありません。

騎乗する騎手の能力もしっかり踏まえて予想に活かしていきたいものですが、僕の馬券理論ではそれらもしっかりと踏まえた予想セオリー(馬券理論)を提唱しています。

そのセオリーを知れば、あなたも簡単に出馬表から穴馬を見抜き、コンスタントに高配当の馬券を当てることができるようになるでしょう。

もし、あなたが今、

あなた

回収率70%くらいしかねぇよ…馬券買うたびにどんどんマイナスが膨らんでいってるし、そろそろデカイの当てないとなぁ。なんか穴馬を見抜くいい方法はないものか

と思っているならば、ぜひ下記の記事もご覧ください。僕の馬券理論について、もう少し詳しく書かせていただいています。

また、もしこの記事に関する感想などもあれば、コメントいただけると嬉しいです♪

なお、ノブのメルマガでは、この週末からすぐにでも結果を出せる『競馬で勝ち続けるための具体的な方法』をお届けしています。

興味があれば是非登録してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です