【競馬】開催期間の短い北海道(札幌・函館)こそ、コース巧者を狙うべき理由

どうも、北海道生まれ北海道育ち、北海道大好きなノブです。

そんな北海道が大好きな、とある馬について書いてみました。

北海道の魅力

あなたは北海道と言えば何を思い浮かべますか?

ウニ、カニ、鮭、ホッケなどの海産物、はたまた富良野や美瑛などの絶景花畑、知床半島、あるいはスープカレーにご当地ラーメン…。

他にも数えきれないほどの魅力があり、とてもじゃないけど短期間で堪能できるレベルではありません。それだけの広大さも特徴です。

夏に田舎の国道沿いのコンビニへ行くと、よく本州からのツーリングの人たちに遭遇します。

ちょっと話を伺うと、やはり一度来たら何度でも来たくなる、次はあそこ、今度はあっちと、思い出も増えるが楽しみもどんどん増えていくと言ってくださり、生粋の北海道民としてはやはり嬉しいものです。

あなた

いや…お前のお国自慢はどうでもいいんだわ。競馬の話はどうなった?

という声がそろそろ聞こえてきそうなので本題へ。

函館&札幌

そんな北海道で、JRAの競馬場は2場。函館競馬場札幌競馬場があります。

毎年6月~8月のおよそ3か月間をこの2場で開催するわけですが、この期間は北海道の競馬ファンにとって、とても特別な期間なのです。

他の記事でも書きましたが、僕も夏の北海道開催は何よりの楽しみにしています。

近年、スーパーGⅡとまで称されるようになった札幌記念には、エアグルーヴ、セイウンスカイ、ファインモーション、ハープスターにゴールドシップ、ソダシなど…錚々たるメンバーが来ることも多く、道民競馬ファンにとって札幌記念はある意味GⅠ並みの盛り上がりを見せます。

しかし、楽しみにしているのは何も人間だけとは限りません。

北海道の開催を何よりに楽しみにしていた馬もいるのです。

2009年8月16日クイーンS(GⅢ)

この年、このレースにある一頭の牝馬が参戦しました。

その名は、ピエナビーナス。

デビューが3歳の1月とちょっと遅めだった彼女は、デビュー戦こそ京都だったものの、6月の3戦目に函館で未勝利勝ち。続けて函館の500万下を連勝するも、以降は足踏みが続きます。

その後、翌年夏に降級した彼女でしたが、直後の函館と札幌で500万下と1000万下を連勝。

しかし、1600万下クラスに上がって以降、阪神で1度だけ3着があった以外は一切馬券に絡むことはありませんでした。

ここまでの彼女の競走成績は…

函館・札幌[4.1.0.2]
他の競馬場[0.0.1.11]

彼女は北海道に来るとよほどテンションが上がるのでしょう。

そして迎えた2009年8月16日クイーンS(GⅢ)。格上挑戦となる彼女は当然の如く人気薄、14頭立ての11番人気でした。

しかし、ここまで北海道を愛してくれる彼女を、そりゃ北海道民として応援しないわけにはいきません。そして…

ピエナビーナス

北海道なら負けないわよ

とでも言わんばかりに、内を鋭く伸びて見事に1番人気のザレマ以下を退け勝利したのです。

レース結果

1着 ③ピエナビーナス 11番人気
2着 ⑥ザレマ 1番人気
3着 ⑧アメジストリング 6番人気

馬連③-⑥11,240円 馬単③-⑥28,480円
三連複③-⑥-⑧19,930円
三連単③-⑥-⑧176,620円

結局、その後は一度も馬券に絡むことなく、翌年の北海道を最後にターフを去ったピエナビーナス。

しかし、北海道を愛した女神のあの一瞬の輝きを、生涯忘れることは無いでしょう。

好きなコース、相性のいいコース

ピエナビーナスのように、特定の季節やコースを得意とする馬というのは少なくありません。

そういった情報も競馬新聞からしっかり読み取れるのですが、意外と盲点だったりします。なぜなら、忘れられたコース巧者が穴をあけるところを僕自身、何度も見てきているからです。

せっかくの貴重な情報を逃さずに馬券予想に活かしていきたいものですね。

僕の馬券理論では、こういったポイントも踏まえた、人気薄で好走する穴馬の法則をまとめた穴馬が激走する20の法則というのがあり、その法則さえ知れば、誰でも超簡単に出馬表から好走しそうな穴馬を探し当て、高配当の馬券を取れるようになれます。

もし、あなたが今、

あなた

回収率70%くらいしかねぇよ…馬券買うたびにどんどんマイナスが膨らんでいってるし、そろそろデカイの当てないとなぁ。なんか穴馬を見抜くいい方法はないものか

と思っているならば、ぜひ下記の記事もご覧ください。僕の馬券理論について、もう少し詳しく書かせていただいています。

また、この記事に関する感想などもあれば、そちらもぜひコメント欄で教えてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です