【競馬】馬も異性を意識する!?『生物としての本能』は予想に活かせるのか

どうも、なんだかんだ言っても女性が大好きなノブです。

この記事では、馬の…というより”生物”としての本能について書いてみました。

馬だって異性は意識する

突然ですが、あなたは異性は好きですか?

近年は『LGBT』や『ジェンダーフリー』などと言う言葉も生まれ、世界的に同性愛者も社会に認知されるような時代になってきましたが、それでもやはり大多数は異性が好きなのではないかと思われます。

まぁ、生物がみんな異性を意識しなくなってしまったら種が途絶えてしまいますからね。

ということで当然ながら、馬も生物である以上、異性を意識するわけです。

何が言いたいかって?

つまり競馬の予想に当たって、その点も考慮することでさらに的中率の向上が見込めるというお話です。

隣に若い奥様

馬を人間に例えるのもなんですが…せっかくなのでちょっと想像していただきたい。

例えば、あなたが子供の運動会で父兄競走に参加することになり、スタート地点に立ったとしましょう。

あなた

子供のためとはいえ、最近運動してないし全力で走るのはシンドイな…

と思いつつ、ふと隣を見ると、めっちゃキレイな若い奥さんが同じスタートラインに立っているではありませんか。

そのとき、きっとあなたはこう思うはずです。

あなた

よっしゃ、俺もまだまだ若いってところを見せたるわ!

そして、あなたは翌日の筋肉痛など気にすることもなく、全力疾走するハズです。

もちろん、隣の若奥様があなたのことなんて爪の先ほども意識していないのは十分承知の上で、それでもカッコいい所を見せようと張り切るのです。

馬も同じ生き物なので

これを競馬に置き換えると…何が言いたいのかはなんとなく察していただけたと思います。

そう、ゲートで牝馬の隣に牡馬が入ると、その牡馬の競走に対するモチベーションがアップすることがある、と考えられるわけです。

一応、勘違いされては困るので断っておきますが、牝馬の隣の牡馬が必ず走る、と言う話ではありません。元々持っている能力にプラスの効果が働くことがある、というだけで、それでも他の馬のほうが強ければ当然ながら馬券には絡めません。

とはいえ、並びなどの一定の条件を満たすと、このケースで好走したパターンも実はかなり多いんです。

僕の馬券理論では、人気薄で好走する穴馬の法則をまとめた『穴馬が激走する20のパターン』を提唱しているのですが、そのパターンに合致する馬や、あるいは能力(人気)上位馬がいた場合に、この枠順の条件がハマっていれば、さらに激アツになる、というように認識してもらえるとよいでしょう。

女同士のバチバチ

もう一つ、また違うお話を。

人間でも女同士のバトルというのは非常に空恐ろしいものがあるのですが、どうやら馬にもあるようなのです。

牡牝混合戦において、ある一定の条件で牝馬が隣同士のゲートに2頭あるいは3頭以上並んだ場合、そのいずれかの牝馬が激走する可能性が高いのです。

これはもしかしたら、ゲート内で

牝馬①

何よあんた、もしかしてあの殿方がちょっとカッコいいからって、いい所を見せようとしてるんじゃないでしょうね?

牝馬②

いやですわ姉さん、そんなはずないじゃないですか。もしかして私に嫉妬してるんですか?

牝馬①

はぁ!?そんなはずないじゃない!見てなさい、ムッキーーーーーー!!!

というような諍いが起こっているのか…どうかはわかりませんが、とにかく激走するのです。

とはいえ一定の条件があるので詳細についてはここでは割愛しますが、とにかく上記同様、元々買い要素のある馬が、さらにこの条件にも合致していたら超激アツなのは間違いありません。

まとめ

さて、ここでは枠順によって、牡牝それぞれが異性を意識し競走に対するモチベーションがアップすることがある、という話を書かせてもらいましたが、このような視点を競馬予想に取り入れている人は意外に少ないのではないでしょうか。

しかし、馬も生き物。生き物としての本能を予想に取り入れることは重要です。

もちろん異性に対するモチベーションだけが馬の本能ではないので、今回とはまた別の本能を取り入れた予想の考え方も、別記事で紹介したいと思います。

このように僕の馬券理論ではけっして闇雲に無謀な穴馬を狙うわけではなく、正しい理論に基づいて考えるため、様々なレースに応用が可能です。

ポイントさえ掴めば誰でも超簡単に出馬表から穴馬を見抜き、コンスタントに高配当の馬券を当てることができるようになります。

もし、あなたが今、

あなた

回収率70%くらいしかねぇよ…馬券買うたびにどんどんマイナスが膨らんでいってるし、そろそろデカイの当てないとなぁ。なんか穴馬を見抜くいい方法はないものか

と思っているならば、ぜひ下記の記事もご覧ください。僕の馬券理論について、もう少し詳しく書かせていただいています。

また、もしこの記事に対する感想などもあれば、ぜひコメント欄で教えてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です